Loading…

スポンサーサイト

Posted by toshi on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日の午後

Posted by toshi on 01.2012 カナダの自然   0 comments   0 trackback
午後、時間があったので犬達と牧場へ。

ブラックベリーが取り放題。
ついでに甘い小さなプラムも摘みました。

10分でボールがいっぱいです。
そのまま食べたり、ジャムにしたり。
のんびりした午後のひと時でした。

IMG_0347.jpg
IMG_0350.jpg
IMG_0351.jpg
スポンサーサイト

スカンクの赤ちゃん

Posted by toshi on 16.2012 カナダの自然   0 comments   0 trackback
今日はすこしログから離れたお話です。

皆様はスカンクのおならの匂いを知ってますか?
一言で言うならば「プロパンガス」。直接嗅ぐと激しい頭痛とめまいに
襲われます。

私はファームに住んでいるのですが、スカンクのおならは悩みの
種です。

庭先で7匹のスカンクの赤ちゃんが生まれました。
もう可愛くて、可愛くて。

妻はこの赤ちゃんに撫でる事に成功し、大いに私の嫉妬を買いました。

おならは臭いけど、みんな元気に大きくなってもらいたいものです。

写真が上手に?撮れたのでUPします。

IMG_9477.jpg

牧場の冬

Posted by toshi on 18.2012 カナダの自然   0 comments   0 trackback
雪の日が続きました。夕方、すこし太陽が出たので牧場に出ました。

犬達は大喜びで深い雪の中を駆け回ります。雪の中の犬達ほど
彼らの本来の野生の姿を見せてくれる瞬間は無いでしょう。

しかし馬達は寒さが骨身に凍みるらしく、建物の風下で耐えている
様子です。馬はやはり南で生まれた生き物なのだな。。と思います。

カナダらしい原風景を見ていると自分がどうしてこの国に来たのかを
再確認出来る様です。

私はどう仕様も無くカナダが好きなのでしょう。

IMG_9342.jpg
IMG_9337.jpg
IMG_9336.jpg
IMG_9334.jpg

日常

Posted by toshi on 23.2011 カナダの自然   0 comments   0 trackback
十日間の日本出張よりカナダに戻り一週間が過ぎました。

貯まっていた仕事や新しく入って来る四方山のあれこれに
負われ忙しい日々を送っていました。

やっと区切りがついたのが週末の午後。

牧場に出て、動物たちと時間を過ごしているとやっと自分自身を取り戻した
気になりました。

今夜は本棚からアラン シリトーでも引っ張り出そうかしら。。。


IMG_9271.jpg



IMG_9263.jpg



ウエスタンレッドシーダー

Posted by toshi on 15.2011 カナダの自然   0 comments   0 trackback
「Mother earth, Father sky/母なる大地と父なる天」と言う
言葉を聞かれた方はおられるでしょうか。
北米インディアン達に受け継がれる世界観です。

その昔、インディアン達は天と地は交わる事は無く、雷だけが両者の
唯一の接点だと考えて来ました。雷は雨をもたらす神聖なものとしても
崇められて来ました。

シ-ダーの宝庫であるカナダ西海岸住むハイダ族やトリンギッド族は面白い
概念を持っています。
世界は地下、地上そして天空に別れていて人間はそこを行き来する事は
出来ない。精霊とシーダーだけがその隔たりを渡る事が出来ると考えたのです。

シーダーは地下に大きく根を張り、大地や海と繋がりその枝や葉は空に到し
天の精霊達と交友していると言うのです。

生活の全てをシーダーに委ねた彼らの感謝と敬意そして恐れが伺える話だと思います。

私が面白いと思うのは、シトカスプルースやヘムロックなど大木は他にもあるにも
関わらず、シーダーのみを神の木としていると言う事です。

理由は皆様がお解りですね。
シーダー。。。。。本当に素晴らしい木だと思います。

ナバホインディアンにこんな詩があります。

” 私は導かれた

神の木と話したのだから。。。。。”


IMG_8097.jpg

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。