Loading…

スポンサーサイト

Posted by toshi on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬屋

Posted by toshi on 28.2011 カナダ   0 comments   0 trackback
この大陸の建築力学の歴史はバーン(馬屋、牛舎)を置いて
語る事ができません。

あれだけ重い干し草をバーンの2Fいっぱいに貯蔵しなければ
ならなかったのですから、大変な強度が問われた訳です。
また、出来るだけたくさん高く積み上げたい訳ですから、大きな
屋根が必要になったのです。

ティンバーフレームの木組みは必然的に強度とスパンと言う課題
を克服する道を選んで行ったのです。

今も多く残るオールドバーン。
そこは先人達の知恵の宝庫なのです。

その姿に魅せられたのなら、君も語れ。


IMG_5603.jpg
IMG_5586.jpg

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。